最新情報一覧

HOME > 最新情報一覧 > 転生 再建の黒子たち

転生 再建の黒子たち

企業再生のスピードを請け負うのも弁護士の重要な責務

日経金融新聞(2003年7月9日)

日本経済新聞(2004年6月9日) 転生 第2部 再建の黒子たち
奔走する管財人スピード再生、陣頭指揮


会社更生は10年を要すると言われていますが、75年の歴史を持つ高級婚礼式場、目黒雅叙園(東京・目黒)のケースでは、申し立てから8カ月余りという異例のスピードで終結しました。

目黒雅叙園の管財人を努めた渡邊弁護士は、さきに早期終結した大同コンクリートの取締役会長に就任し、今も週1回のペースで出社しています。更生終結後も社員の要望もあって足を運びつづけているのです。労組委員長から社長に就任した小野勝氏は「ここまで来ることができたのは、自分の損得を考えずに奔走してくれた渡邊さんのおかげだ」と賞賛しています。

最新情報一覧へ戻る

pagetop